2019/11/11 02:06

伍・イナリ 〜礎・家族愛〜

稲穂の宮の締めくくりが、「伍・イナリ」。トリイを鍵とするなら、イナリは鍵穴。あるいは、イナリがこの宮全体の鍵であると解釈できる。稲穂の宮のキーパーソン。この宮における新しい可能性を司る。イナリ(稲...

2019/11/11 02:03

四・イザナギ 〜社会を切り拓く父性〜

イザナギもまた、トリイで手にした稲穂を持つ。このことは、この地上で、イザナミと同じく「稲穂」を以て生きることを表している。イザナミの稲穂が血肉になり、内的にも支えることを意味するなら、父性を表すイ...

2019/11/11 02:01

参・イザナミ 〜本音による交流と発展〜

四のイザナギと合わせて「ほは こころ」という一つの文が浮かぶ。イザナギ、イザナミとも、和の心でもある「稲穂」を手にしている。拾壱のトリイで手渡された稲穂とも考えられる。日本人にとって、米は主食。実...

2019/11/11 02:01

弐・ククリ 〜内在する幸せ/初心〜

東にイザナギ、西にイザナミ。彼らの仲人としてのククリヒメ。月下氷人。鳥居をくぐり、聖なる結婚、縁を結ぶこと、結ぶ者を表す。山に浮かび上がる女神は、白山明神とも呼ばれるククリヒメで、彼女が合掌するこ...

2019/11/11 01:59

拾壱・トリイ 〜新たな可能性への扉〜

稲穂の宮の前には鳥居が構える。鳥居は神域との結界。鳥居をくぐり、都(宮)に出(いで)る…入洛の時は来た。憧れの「世界」への道だ。紅い鳳凰は、新たな世界への招きの印。具現化する前の「神域」であった「こ...

2019/11/11 01:58

壱・いちひめ 〜世界の始まりと伝達〜

たろうは、「いちひめ」の力によって、世界を覚える。たろうが「種」なら、いちひめは「水」である。水は霊力。水を与えられ種は芽吹く。水の星であるこの地上の力を象徴するのが、『壱・いちひめ』である。しか...

2019/11/11 01:57

零・たろう 〜多様な可能性、潜在能力〜

この京都タロットにおいて、その要であり、最も特徴的と言えるのが、「たろう」と「いちひめ」。この2枚は一対である。世界が生まれると、事物は即(好むと好まざるに関わらず)二元性が生じる。現象世界のこの...

2019/11/11 01:54

[ 意味 ] 鏡の局

慈しみ育てること(自然への叡智)に長け、忍耐を学んだ成熟した女性。【斎王(新旧)】

2019/11/11 01:54

	[ 意味 ] 鏡の帝

与えることによる繁栄を熟知する。分別があり、手堅く真面目。ゆえに実り多く成功している。【僧侶】

2019/11/11 01:53

	[ 意味 ] 鏡の彦

ハードワークをこなす勤勉さとたのもしさ。落ち着きと忍耐力。現実的に物事を見て決める。【神官】

2019/11/11 01:52

	[ 意味 ] 鏡の姫

インスピレーションに溢れ、明るく母性的。向学心を持って何かに献身、あるいは新たなものを編み出す。【巫女(鳳凰の舞)】

2019/11/11 01:50

	[ 意味 ] 鏡の六・七・八・九・拾

鏡の六:サポートをする。サポートを受ける。利益が増える。鏡の七:不安が表面化する。何をしても進まない。不運。忍耐。鏡の八:努力の成果。新しい展開を進める。丁寧、念入り、着実に。鏡の九:キャリアへの...

2019/11/11 01:48

	[ 意味 ] 鏡の弐・参・四・伍

鏡の弐:形勢逆転する。二つのもののバランスと変化。鏡の参:熟達し賛同者が出てくる。形を成してくる。鏡の四:安定。一般化する。反作用としての陰り。鏡の伍:執着すると停滞、立場が不安定に。経済的危機。

2019/11/11 01:47

《鏡について》鏡の壱

思いや気持ちが物質的現実として誕生する鏡のスート。現実化への強い意思。着実であること。地に足が着いていること。鏡の壱:現実的な成功。現実化への可能性、萌芽。

2019/11/11 01:43

	[ 意味 ] 剣の局

気が利き社交性がある知的な女性。感情から離れ冷静な判断ができる。【女伶(およれい)】